もういちど旅行したいフランス

夫とまだ彼氏、彼女だったころ、四年ほど経ってお互い結婚を意識し始めました。旅行が趣味の私にとって、結婚というイベントで一番楽しみなのは新婚旅行でした。当時、私は土日休みの仕事。彼は不定休。休みが合わない私たちは、遠出どころか一日遊べる日も珍しい状況でした。なので、一週間以上も堂々と休めて一緒に旅を楽しめるなんて、後にも先にもこの時限りだったのです。私は、ヨーロッパならどこでもよいと、特に国にこだわりはありませんでした。それならばと、車が大好きな彼は、モナコのサーキットコースを提案してきました。モナコはとても小さな国なので、一日あれば観光できます。それならば隣のフランスも行こう、と、軽い気持ちでモナコ、フランスへの旅が決定しました。

無事に結婚式を終え、私たちはモナコ、フランスへと旅立ちました。あいかわらず私は彼と観光できればどこでも良いというスタンスだったため、下調べをしていませんでした。モナコのサーキットコースを満喫し、フランスではツアーでモナコに近い南仏や、王道のパリ、モンサンミッシェルなどを楽しみ、パリの自由散策ではムール貝やタルタルなど、現地で仕入れた情報で現地を楽しみました。本当に充実して、いま思い出しても思い出が蘇る楽しい九日間でした。

日本に帰ってきてから、私たちはフランスに興味が出て、関連のDVDや、写真集を買うようになりました。歴史的背景もいまさらわかり、ルーブル美術館やベルサイユ宮殿を無知のまま見てきたことを少し後悔しています。現在三十歳。あと三十年かけてもっと深く知り、定年を迎えてから夫と二人でまた同じように巡りたいと思っています。